和食

【自宅で手作り納豆を作ろう第二弾】ようやく成功か?!

ぴんねず
ぴんねず
Hello!アメリカ帯同妻 
ぴんくのねずみです☆
今日は
『手作り納豆に挑戦中』のお話です!

 第一弾の「ジップロック+Anova」を使った手作り納豆は

現在冷蔵庫で熟成をすすめていますが、

残念ながら失敗している様子。

20200210091102
【自宅で手作り納豆を作ろう第一弾】まずは“蒸す”のか“茹でる”のか? アメリカでも、納豆は手に入ります。 しかも、意外と種類も豊富だったりします。 (これは日本でも見たことなか...
f:id:gacham:20200210091057j:plain

温度管理は完ぺきだったと思います。

しかし、ジップロックを使ったことで、

茹でたての大豆から出る水蒸気の逃げ道が十分に確保出来ず、

かなり水っぽく薄味になってしまいました。

f:id:gacham:20200210091053j:plain

そして、第一弾の反省を生かして第二弾の納豆づくりもはじめました。

第二弾は(ひとまずひきわり納豆は諦めて)小粒納豆一本に絞ります!

第一弾と同様に、一晩大豆を浸水しておきました。

f:id:gacham:20200211062515j:plain

そして、鍋の中に粉ふるい茶碗即製蒸し器をつくり大豆を蒸します。(2時間)

f:id:gacham:20200212041825j:image

キッチンペーパーで覆い、鍋に蓋をしました。
f:id:gacham:20200212041813j:image

蒸しあがった大豆をみた旦那さんに

「こんな大粒の納豆見たことないんだけど…」と言われちゃいました。
f:id:gacham:20200212041828j:image

まぁ、

スルーして工程をすすめます!

第二弾の入れ物はタッパーを使いました。

f:id:gacham:20200212041817j:plain

レンジで蒸し野菜を作るカゴ付きタッパーがあったので、

空気に触れやすいようにひとつはそのタッパーを使っています。

(もう一つは普通のタッパーです)

そして今回はクーラーボックスを使って保温してみることに。

f:id:gacham:20200212041833j:plain

Anovaに比べると適温(40℃)の維持は難しいですが、

調べてみると

納豆菌てかなり温度変化に強い菌のようです。

“納豆菌は120℃から-80℃まで生存できる”という記事を見つけ、

 「それなら、ある程度適当でも発酵してくれるかな?」と、

クーラーボックスの中に湯を入れた牛乳瓶を入れ、

冷めたらちょこちょこ交換しながら16時間様子を見ていました。

すると、

f:id:gacham:20200212041821j:plain

明らかに第一弾とは様子が違います!!

f:id:gacham:20200212041837j:plain

水分は出ていないし、よくよく見ると

表面にうっすら白い膜が⁉

なんだか、これは期待できそう!!

f:id:gacham:20200212041842j:plain

そして今は冷蔵庫の中におりますが、

第一弾のお隣で並んで熟成中です。

(冷蔵庫の中の納豆の勢力がすごい…(;´Д`))

20200213062626
【自宅で納豆を作ろう第二弾最終日】手作り納豆に合うアメリカのコスパの良い米とは? 長きに渡ってお伝えしてきました手作り納豆のお話ですが、 ついにこれが最終記事です。 https://www.pin...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!